2013/03/16

男性は須らくブルマが好きというわけではないが

またブルマ話。



ブルマやスク水といった学生時代にしか拝めなかった格好やシチュエーションは性的嗜好になりやすくて、エロゲだったりAVだったり、エロ漫画だったりでよく出てくのは前言った通り。

ただ、なりやすいといっても、好きという声が大きいだけで興味ない人も中にはいる。
ここらへんを好きかどうか学生時代に同年代の彼女がいた所謂リア充に聞いてみると、興味ないとの答え。
逆に、年齢=彼女いない歴の人(It's me)は素晴らしいとの一言。

ようするに、学生時代に彼女との思い出がある人は、スク水やブルマといった学生時代の遺物を学生時代の『思い出』としてインプットしており、その遺物はそこで完結しているので、性的嗜好としての興味は薄い。
逆の立場の人はそのような経験をしていないので、スク水やブルマといった学生時代を連想させるものに、その時代にできなかったことを連想させる根暗な考えから性的嗜好として好きになっているんじゃないかと。

とそれっぽいことをいっても、逆に当時彼女にブルマやスク水を着せてエッチをしたことがあるリア充は、彼女とのエッチを思い出して興奮するということもあるだろうし、そういうエッチの遍歴があるからこそ、ブルマやスク水が大好きという人もいると思う(最初から好きな人もいるだろうし)。
だから、興味がない人はこういう人だと定義を作って当てはめることはできないんだけど、まあ、そのような経験がなかった非リア充のみでアンケートをとってみると、好きと答える人が100%とまではいかないまでも、90%に届くくらいになるという偏見を持っているんですけど、どうでしょう。
誰か統計とってくれませんかね。


©松智洋・ぺこ/集英社・迷い猫同好会