2010/06/02

老婆心

経費削減のために、出掛けではなるべく飲み物を買わずに、家からボトルに水を入れて持っていってます。
今流行の水筒男子(笑)です。

いつも水道水と氷を入れるだけだが、この日はミネラルウォーター(Volvic)が冷蔵庫にあり、そりゃ水道水よりもミネラルウォーターのほうが美味しい(主観)のでボトルにそれを並々汲んで出かけました。

そして、喉が乾いたので、その水を口に含んでみると何かしょっぱい。
いつも水道水しか飲んでないけど、ミネラルウォーターがこんなしょっぱいはずがない。
この水……塩がブレンドしてやがる――

おいおい、婆さん。
そりゃ炎天下で作業するには塩分が必要になるだろうけど、普通の水にただの塩を混ぜるってどんな暴挙だよ。
そりゃミネラルって入ってるけど、別に塩が入ってるからミネラルウォーターって言うんじゃないんだよ。


中学校の部活動の時に、水筒に麦茶を入れていた時代を思い出す。
そう、炎天下での運動ということで、老婆心からかその麦茶に塩をブレンドして持たせていたのだ
今回の水+塩が目じゃないくらい悪い組み合わせで、口に含んだとたん吐きました。最初は水筒がカビてるんじゃないかとか、麦茶を作った時に何か失敗したんじゃないかと思っていた。家に帰り問い詰めてみれば、塩を入れたとあっけらかんと言われ、何でこう、年のいっている人は効果ばかりを気にして、前提を破綻させるんだろうか。